用 語 解 説 2

か行

あ行← →さ行 →た行 →な行 →は行 →ま行 →やらわ行

< 海 岸 地 形 >
リアス(式)
海岸
(rias coast)
一般的には海岸沿いの入り組んだ谷が深く下刻侵食され,それが沈水することによって生じた海岸地形を指す。現在の海岸の場合は,8万-1万年前の最終氷期に海面が下降して谷が侵食され,1万年以降の後氷期になって海面が急速に上昇することによって汎世界的に形成されたと考えられているので,この成因を含めてリアス海岸と呼んでいることが多い。なお地形用語としては「リアス海岸」が用いられる。
海食地形
(marine erosive 
feature)
波浪,潮流,生物活動,物理的化学的風化などの海食作用によって形成された侵食地形。海食崖,波食棚,海食台など。微地形としてノッチ,海食洞。微小地形としては,海食甌穴,蜂の巣状構造など。
海食崖
(sea cliff)
波浪作用によって形成された海岸沿いの急崖.波食崖とも。
海食洞(sea cave)
海食崖基部にみられる窪み〜洞穴。海食崖に節理,断層,断層破砕帯などの侵食されやすい部分があると,周辺の硬い部分との波浪による選択侵食が起こって凹凸部分が拡大されて形成される。
海食洞門
(sea cave)
海食洞が反対側の海にまで貫通して両側に開口したもの。奥行きが小さいものは天然橋と呼ばれたりする。
海食棚
(wave cut bench)
満潮線と干潮線の間(潮間帯と言う)にあり,主に波浪作用によって形成された平滑な岩礁面。波食棚,ベンチとも。
海食台 (abrasion platform, wave-cut shelf)
主に波浪作用によって形成され,波食棚の沖合いに一段低く発達する平らな岩礁面。常に海面下にある点で波食棚と異なる。しかし隆起して離水してしまうと両者の区別は難しい。波食台とも。
隆起海食台(elevated 
abrasion platform)
海食台が地殻変動で隆起したり海水準低下で離水したり,あるいは両者の影響によって形成された平坦な面。まれに波食棚と区別できることがある。
海底谷
(submarine canyon)
海底に発達する谷地形。大陸棚に発達する浅いものと,大陸棚から大陸斜面を深く下刻して深海底に向かうものがあるが,一般には後者を海底谷と呼んでいる。後者の場合は数1000mの深海底にまで達して,陸上の堆積物を深海まで運搬し,末端に海底扇状地を形成する。
暗礁(sunken reef)と
浅瀬(shoal)
船が安全に航海するためには,海底の危険な高まりを識別する必要がある。暗礁とはそのうち岩石やサンゴ礁などの固体物質からなるものを指し,浅瀬は砂や泥などの未固結物質からなるものを指す。水深はそのてっぺんが20mよりも浅くかつ低潮時においても海面下にあるものとする。
岩礁(rocks,reef)
普通は海面から孤立して突出する岩を指すが,地形学的には暗礁や洗岩(海面すれすれにあって海水に洗われている岩),千出岩(潮の干満によって海上に顔を出したり出さなかったりする岩),水上岩(満潮時においても海上に顔を出している岩)を総称する用語である。
浜(beach,shore)と磯(iso,
rocky coast)
比較的緩やかに海側に傾き,未固結の砂や礫からなる海岸を浜と,その土地を作る岩石が露出したり,岩塊や岩礁が多い岩石海岸を磯と言う。
砂浜(sand beach)と礫浜
(gravel beach)
砂がほとんどを占める浜を砂浜と,礫がほとんどを占める浜を礫浜と呼ぶ。
砂州
(sand bar)と
沿岸洲
(barrier island)
海岸の突出部や岬から沖合いに細長く伸び,対岸にほとんど繋がるようになった地形のこと。砂州ほど長く伸びていない場合は砂嘴(さし)と呼ぶ。波の侵食によって生じた海岸の砂や礫,そして川によって河口に運搬された砂や礫が,沿岸流によって更に沖合いに運搬されることによって形成される。宮津湾の天橋立や,島根半島の弓ヶ浜(夜見ヶ浜)がその代表例。海岸線にほぼ平行に発達し,海上に孤立した砂州を沿岸洲またはバリアー(barrier)と呼んでいる。
陸繋砂州(tombolos)と陸繋島(land-tied island)
本土と海岸近くの島を繋ぐ砂州。トンボロとも。陸繋砂州によって本土と陸続きとなった海岸近くの大小の島を陸繋島と言う。潮岬,函館山,江ノ島,海の中道などがその代表的な例。
< 火 山 >
火山フロント(volcanic front)
島弧を形成するプレートの沈み込み境界に発達する火山群の海溝寄りの縁を結んだ線のこと。火山前線とも。
活火山
(active volcano)
おおざっぱには「今後噴火する可能性のある火山」という意味で使われる。もっと厳密な定義を求めると,かつては「過去およそ2000年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動がある火山」と定義されていたが,「おおむね1万年以内に噴火した火山及び現在活発な噴気活動がある火山」と再定義された(火山噴火予知連絡会,平成15年1月21日)。この定義に基づいて日本列島の活火山はそれまでの86から108となった。なお「休火山」や「死火山」なる用語は現在では科学用語としては使われない。
東日本火山帯
(East Japan Volcanic Belt)と
西日本火山帯
(West Japan Volcanic Belt)
島弧-海溝系の研究とプレートテクトニクス論の進展に伴って,日本列島における第四紀火山帯は,千島弧南部から東北日本弧を経て伊豆マリアナ弧に連続する東日本火山帯と,本州西部から琉球弧にかけて続く西日本火山帯に二分されることとなった。かつての千島・那須・鳥海・富士・乗鞍・伊豆の火山帯と白山火山群を一括したものが東日本火山帯となり,従来の霧島・大山の火山帯が西日本火山帯に属することとなった。
火山噴火のタイプ(type of volcanic eruption)
火山噴火(火山爆発)には,@溶岩流を噴出す割れ目噴火,A火砕物やマグマを噴出する噴火,B山体崩壊を引き起こす水蒸気噴火(爆発),,Cマグマ水蒸気噴火(爆発)がある。@の典型は地殻の割れ目にそって大規模に玄武岩溶岩流が流出するもので,インドのデカン高原や北米のコロンビア台地の溶岩台地を形成した噴火がある。Aは我々にとって最も身近な火山噴火で,火山ガスの噴煙が空高く一気に噴出し,火口からは更にマグマや火砕物が噴出するタイプである。このタイプについては更に細かい区分がある(→下記の火砕物やマグマを伴う噴火を参照)Bは1888年の磐梯山の山体崩壊を引き起こした水蒸気爆発がその典型である。水蒸気爆発は高温高圧の水蒸気によって引き起こされる爆発的な噴火で,爆発物にはマグマを含まず水蒸気と火山周辺の岩石破片のみを含んでいる。Cのマグマ水蒸気噴火は,マグマが地下浅所の地下水や浅い海底下で海水と接触・混合し,水が蒸発して多量の高圧水蒸気が発生して起こる噴火である。マグマ噴火や水蒸気爆発よりも爆発的であり,放出物にマグマの破片を含むことが,水蒸気爆発と異なっている。
火砕物やマグマを伴う噴火
(eruption with maguma and pyrocrastic material)
ハワイ式噴火(Hawaiian eruption):玄武岩マグマが爆発を伴わずに火口や割れ目から噴出するタイプで,いわゆる楯状火山を形成する。ハワイのキラウエア火山やマウナロア火山など。ストロンボリ式噴火(Strombolian eruption):玄武岩〜安山岩質玄武岩マグマが間欠的に小規模な爆発を起こして,火山弾などを火口から放出するタイプ。ブルカノ式噴火(Vulcanian eruption):火口を満たしていた安山岩溶岩が爆発を起し,高温の火山ガスや火山灰の噴煙と共に火砕物やマグマとなって火口から放出されるタイプ。浅間山や桜島がこの例。プリニー式噴火(Plinian eruption):火山ガスからなる黒煙と共に,火山灰・軽石などの火砕物を上空高く放出する噴火。多くは安山岩質から珪長質のマグマによって引き起こされ,噴煙は時には成層圏にまで達する。イタリアのベスビオ火山やフイリッピンのピナツボ火山。
溶岩円頂丘
(lava dome)
山腹が急斜面を持つドーム状の火山。高さは数100m以下がほとんど。粘性の大きなマグマ,具体的には流紋岩〜デイサイト質のマグマによって形成される。溶岩ドーム,鐘状火山,トロイデとも。規模は小さく,有珠火山の昭和新山,雲仙火山の普賢岳,鳥海山の新山など。
成層火山(stratovolcano)
円錐形の火山。複合火山とも。溶岩と火砕物(火山灰,火山礫など)が火口から繰り返し噴出して,層状に交互に積み重なってできる。安山岩質のマグマによって形成されるが,例外的に富士山は玄武岩質マグマによって形成されている。浅間山,桜島,鳥海山など。
楯状火山
(shield volcano)
楯を伏せたように,山腹の傾斜が10°以下の非常に緩やかな火山。盾状火山,アスピーテとも。粘性の小さい玄武岩質マグマによって形成される。巨大なハワイ型と,小型のアイスランド型がある。ハワイのマウナロア(Mauna Loa)火山は,地球上で最大の火山で,海底面からの高さが9000m以上に達する。他にキラウエア(Kilauea)火山など。アイスランド型の楯状火山は高さ1000m以下がほとんど。なお,日本列島の三原山などの玄武岩質火山は楯状火山として扱わない。
カルデラ(Caldera)と
コールドロン(Cauldron)
カルデラは火口より規模が大きく(2km以上),輪郭が円形〜楕円形の火山性の窪地地形。陥没型と爆発型がある。陥没型の例は阿蘇火山,爆発型の例は磐梯火山。コールドロンは火山活動にともなう円筒形の陥没構造の総称。つまりカルデラは地表における火山地形の用語であり,コールドロンは地下を含めた立体的な火山性構造を指す用語である。
火山砕屑物
(pyroclastic 
material)と
火砕岩
(pyroclastic 
rock)
火山活動により地表に放出された破片状の固体物質の総称を火山砕屑物と呼び,固結したものを火砕岩(火山砕屑岩)と呼ぶ。火山砕屑物は直径2mm以下を火山灰(volcanic ash),2-64mmを火山礫(lapilli),64mm以上を火山岩塊(volcanic block)に区分する。固結した岩石に対しては,それらの量比に基づいて,細粒のものから凝灰岩,火山礫凝灰岩,火山礫岩(ラピリーストーン),凝灰角礫岩,火山角礫岩とに区分するのが一般的である。火成岩と堆積岩の両方の特徴を持っているので,火口から放出された直後のマグマの破片が固まったものは火成岩のカテゴリーで,いったん固結した火砕岩が再堆積したものは堆積岩のカテゴリーで記述されることが多い。
凝灰角礫岩火山角礫岩 火山岩塊と火山灰の基質からなる火砕岩のうち,前者が卓越するものを火山角礫岩と,後者が多量に含まれているものを凝灰角礫岩と呼んで区別する。
 火砕流と(pyroclastic flow)と
火砕サージ(pyroclastic surge)
火砕流は火口から噴出した高温の火砕物と火山ガスが入り混じり,一団となってなだれのように山体斜面を下る現象のこと。水の媒介を必要とせず,主に重力によって流下するので粉体流の一種として扱われる。火砕サージは,火口からの噴出物が,周辺の地表に沿って雲のように拡散する現象を指す。火砕サージは,大部分が火山ガスによって占められる希薄な流れである点で火砕流と区別されるが,高温のガスであることから,火砕流同様に危険であることには変わりはない。
火山灰と
(volcanic ash)
凝灰岩(tuff)
いずれも直径2mm以下の砕屑粒子からなる火山砕屑物で,固結していないものを火山灰,固結した(岩石化した)ものを凝灰岩と呼ぶ。
スコリア(scoria)と
スコリア凝灰岩(scoria tuff)
スコリアは内部構造による火山砕屑物区分の一つで,多孔質(空泡が多いこと)で黒色〜暗褐色を示す砕屑粒子。イメージとしてはコークス状の石を思い浮かべれば良い。玄武岩〜安山岩マグマの発泡によって生じる。暗色を呈して多孔質の溶岩などはスコリア質と表現する。スコリア凝灰岩は,スコリアを多く含む凝灰岩〜火山礫凝灰岩。
軽石(pumice)と
軽石凝灰岩
(pumice tuff)
外観による火山砕屑物区分の一つで,多孔質で灰白色〜白色を示す砕屑粒子。流紋岩〜デイサイトマグマの発泡によって生じる。淡色を呈して多孔質の溶岩などは軽石質と表現する。軽石を多く含む凝灰岩または火山礫凝灰岩を軽石凝灰岩と,軽石を含む砂岩を軽石質砂岩と呼ぶ。
ローム(loam)
本来は粒度組成区分に基づく土壌用語であり,粘土,シルト,砂がほどよく混じった土壌ないし堆積物を指していた。しかし日本のローム層の代表である関東ローム層が富士山などから供給された火山灰起源であることが判明したため,現在では風化して赤褐色〜黄褐色となった火山灰起源の土壌を一般にローム(層)と呼ぶようになっている。
火成岩の組織
火成岩の組織は斑晶石基に分けて記載する。斑晶と石基は岩石組織を肉眼的に見た場合の大きさを指す用語であって,斑状組織のうち斑点の部分を班晶と,それを取り囲む細粒の部分を石基という。斑晶は一般に結晶から,石基は結晶あるいはガラスからなる。完晶質とは全部が結晶からなりガラスを含まない岩石組織を指す。完晶質であるが斑状のときは完晶質斑状と,粒状のときは完晶質粒状と呼ぶ。
火成岩の分類
火成岩:珪酸塩溶融体のマグマが冷却固結した岩石。火成岩は組織(つくり)によってまず深成岩と火山岩(これに半深成岩を加えることもある)に区分する。深成岩と火山岩それぞれは,さらに鉱物組合せや化学組成によって細かく分類し,岩石名を与える(例えば花崗岩,玄武岩などと)。火成岩はあくまで記載岩石学的に分類すべきであって,マグマが固結した場所によって分類(ないし説明)するのは間違いであり,混乱をもたらすだけである(つまり原因(固結した場所)で分類するのではなく結果(=組織)で分類すべきと言うこと。例えば「マグマが地表や地下浅所で固結したものを火山岩と言う」と言ったたぐいの説明は不正確。「火山岩は一般にマグマが地表や地下浅所で急速に固結してできる」と言うべきである)。ただし特徴的な産状(みかけ)によって付ける岩石名もある(例えば軽石,スコリア,火山弾など)。深成岩:完晶質粗粒の火成岩。マグマが地下でゆっくりと冷却固結してできる。鉱物組合せによって大きく,花崗岩,閃緑岩,班れい岩,かんらん岩に区分される。日本列島での分布面積もこの順に減少する。火山岩:斑晶(含まれない場合も多い)と細粒の結晶and orガラスの石基からなる火成岩。地表や地下浅所でマグマが急速に冷却固結してできる。鉱物の組合せによって大きく,流紋岩,デイサイト,安山岩,玄武岩に区分される。日本列島での分布もこの順に少なくなる。半深成岩火山岩と深成岩の中間的な結晶組織をもつ火成岩。一般に斑状組織である。普通●●斑岩と呼ばれるものに当たる。斑岩の結晶組織は細粒の結晶中に多量の斑晶を有することが特徴。地下浅所で形成される(半深成の)岩脈,岩床,ラコリスなどでマグマが比較的ゆっくりと冷却固結してできる。ガラスを含まないことから火山岩と区別され,完晶質斑状であることから完晶質粒状である深成岩と区分される。ただ岩石組織から,●●斑岩と言う岩石名は使えても,産状が実際に半深成かどうか分からないのだから,半深成岩なる用語は用いない方が良いとする意見もある。
花崗閃緑岩 (granodiorite) 
花崗岩と閃緑岩の中間の化学組成をもつ深成岩。無色鉱物として石英,カリ長石,斜長石,有色鉱物として黒雲母,角閃石(まれに輝石も)を含む。
クリンカー(clinker)
溶岩の上下面,側面などの表面に発達する自破砕された部分。アア溶岩で一般的。
石英斑岩
(quartz porphyry)
珪長質で完晶質斑状の半深成岩。斑晶が多くなって石基が微花崗岩組織を示すものは花崗斑岩に分類。
デイサイト(dacite)
化学組成が花崗閃緑岩やトーナル岩に対応する珪長質の火山岩を指す。日本では石英安山岩と呼ばれるが,斑
晶として石英を含まない方が多いのでこの用語は適切でない。
貫入岩(intrusive rock)と噴出岩(effusive rock)
貫入岩は火成岩の産状による区分の一つで,マグマが岩石や地層からなる地殻中に貫入して固結してできた岩石。噴出岩の対語。形成される岩石は半深成岩から深成岩まで多岐に渡る。噴出岩も火成岩の産状による区分の一つで,マグマが地表で急速に固結してできた岩石。なお,火山岩は産状ではなく,鉱物の組成や組織による記載岩石学的な区分。したがって「火山岩は噴出岩や岩脈として生じる」と言った使い方をするのが正しい。
岩床(sheet)と
岩脈(dike,dyke)
岩床は地層面に対して水平〜緩傾斜する貫入岩体でシル(sill)とも言う。岩脈は板状の貫入岩体で,地層面に対して急傾斜〜鉛直の岩体を指す。いずれも通常は数10cmから数10mの厚さである。浄土ヶ浜の黒雲母流紋岩や材木岩の流紋岩は岩床の,橋杭岩の石英斑岩は岩脈の例。
< カルスト地形&鍾乳洞など >
カルスト地形(karst landform)
石灰岩地域において溶食(溶解による侵食のこと)によってできた地形の総称。カルスト地形が発達する条件は,1)石灰岩が広く分布すること,2)そこに雨が降ること,3)降った雨水が地下水となって海や湖に流れ込むことができるほどの高さに石灰岩が位置すること,の三条件である。カルスト台地,石灰岩台地は,台地状のカルスト地形。カルストは岩を指すドイツ語。
ドリーネ(doline)は,カルスト地域の地表に雨水によって形成された漏斗状の窪地ないし鍾乳洞にまで達する穴のこと。シンクホール,擂鉢穴とも。ドリーネは谷または穴を意味する南スラブ語。ウバーレ(uvala)は,カルスト地域のドリーネの溶食が進み,互いに連結することによって生じるごく緩やかな傾斜を持つ窪地のことで,日本ではほとんど見られない。カルスト地域の地表に雨水によって形成された溝状の地形をカレン(karren)と呼び,さらに溶食が進んで柱状や半球状の石灰岩が地表にボコボコと顔を出すようになったカルスト地形をカレンフェルト(karrenfeld)と呼ぶ。福岡の平尾台(特に冬季)が典型で,風景写真の格好の被写体となっている。
石灰華
(calc-sinter, travertine)
雨水や地下水に溶存している炭酸カルシウムの析出によって形成される温泉沈殿物や鍾乳洞生成物のすべてを指す。多孔質で柔らかいものをトゥファ(calc tufa),緻密で硬いものをラバーチン(travertine)と呼ぶ。鍾乳洞の生成物のほとんどは後者のトラバーチンである。
鍾乳洞と生成物
(cave)
石灰岩の溶食によって生じた洞穴。石灰洞穴とも。洞内にはいろいろなトラバーチンが形成される。広義の鍾乳石(stalactite)は,鍾乳洞の地下水が炭酸カルシウム(CaCO3)を析出する際に生み出す造形物すべてを指す。狭義の鍾乳石は天井から滴下する地下水のよって造られ下に垂れ下がる造形物を指す。普通1cm成長するのに約70年を要する。石筍(stalactite)は滴下する地下水によって鍾乳洞の床から伸びるように作られた造形物を指す。普通1cm成長するのに約130年を要する。狭義の鍾乳石と石筍が連なった造形物は石柱(column)と呼ぶ。流下する地下水によって形成された階段状の地形を石灰華段丘(travertine terrace)と言う。秋芳洞の百枚皿が有名。
< そ の ほ か >
崖錐(talus)と
沖積錐(alluvial cone)
崖錐は急崖から生産された岩屑が崖のふもとに堆積してつくる堆積地形。主に重力によって岩屑が落下・滑落・転動する場合と,土石流のように水の媒介によって移動する場合がある。沖積錐は崖錐より緩く,扇状地より急なスロープを持つ半円錐形の堆積地形。扇状地と同様に谷の出口に形成されるが,後背地が急傾斜で狭く,大雨などの際に水量が急激に増して,大量の土砂が一気にもたらされるようなところに形成される。なお,崖錐,沖積錐,扇状地の三者を区分するような傾斜角度の定義はない。
上総層群
(Kazusa Group)
房総半島中南部に堆積した鮮新世末から更新世中期の地層。海成層。
化石
(fossil)
地層や堆積物に保存された過去(地質時代)の生物の遺体または生物が残した痕跡(の堆積構造)。つまり生物の体だけでなく,生活の跡も化石に含める。前者を(遺)体化石(remain fossil),後者を生痕化石(trace fossil)と呼んでいる。「過去」と言う意味で広く無機的な事象に対して「○○の化石」と言う用法があるが,科学的に正しい用法ではない。
化石密集層(fossil concentration)
地層に含まれている化石が,肉眼で見て周囲に比べて相対的に多く,密集して含まれている部分。
足跡化石(footprint fossil)
地層や堆積物に保存された地質時代の動物の足跡の化石。化石と堆積構造の二面性がある。化石としては,足跡を残した動物の体型や生態を知ることができる。堆積構造としては,足跡のあるほうが地層の上面となり,地層の上下判定にも有効である。日本では中生代の恐竜や新生代後期のゾウの足跡化石が有名。
恐竜
(dinosaurs)
1) 竜盤目(トカゲ型の腰を持つ)か鳥盤目(鳥型の腰を持つ)に属し,2)中生代に繁栄して絶滅し,3)水中や空中ではなく,陸上で日常生活を送った爬虫類。原意のdinosauriaは「恐ろしいトカゲ」の意味。体型上の大きな特徴は,現生爬虫類と違って,哺乳類と鳥類のように,脚が胴体の真下に位置する直立型で歩くことができた点である。最近では竜盤目と鳥盤目をまとめて恐竜上目とし,恐竜温血説,鳥類との類縁関係説,恐竜絶滅と隕石衝突説などについて新しい知見がもたらされている。
岩石(rock)
天然の固結した物質で,数種類(時に1種類)の鉱物の集合体のこと。上部マントルから地殻の構成物質。したがってセメントを固めたものは岩石とは言わず,コンクリートと呼ぶ。
岩石の分類
岩石は天然に存在する物質であり,分類するために存在するのではない。自然界にはシームレスに多様な鉱物組成・化学組成からなる岩石が存在しており,それを人間が研究に必要上,人為的に分類していると言うことである。ただ実際の岩石には,鉱物の組成や組織,化学組成,産状などに一定のまとまり(特徴)があるので,それらに基づいて区分を行っている。しかし区分も細かくなると,生物の分類と同じように,細かく分けたがる研究者やまとめたがる研究者が存在しており,例えば岩石Aと岩石Bの厳密な区分をどこに置くか,研究者によって多少異なっているのが実際である。深成岩については,国際地質科学連合(IUGS)によって区分が標準化されている。岩石は大きく火成岩,堆積岩,変成岩に区分される。
 火成岩(igneous rock):マントル上部から地殻に由来する高温のマグマ(珪酸塩溶融体)が冷却固結して形成された岩石。深成岩と火山岩に区分。半深成岩なる区分を用いる場合もある。
 堆積岩(sedimentary rock):未固結の砕屑粒子(堆積物)が沈積して圧蜜作用(compaction)と膠結作用(cementation)によって固結して形成された岩石。砕屑性堆積岩(礫岩,砂岩,泥岩など)と,炭酸塩岩(石灰岩など),珪質堆積岩(チャートなど),火砕性堆積岩(凝灰岩など),有機質堆積岩(石炭など)に区分。
 変成岩(metamorphic rock):@火成岩や堆積岩が熱の作用によって,ほとんどが固体のまま鉱物が再結晶して鉱物組成が変化したり,A圧力作用によって岩石組織が変化して形成された岩石。@によって作られる接触変成岩(ホルンフェルス,大理石など),Aによって作られる広域変成岩(粘板岩,千枚岩,各種の片岩,片麻岩など),Aが更に進行して岩石組織の破砕が進行した動力変成岩(マイロナイト,カラクロサイトなど)に分類。蛇紋岩はかんらん岩が@とAを同時に受けて形成されたもの。
クリープ(creep)
地表の表層部(一般的には土壌)が徐々に下方に移動すること。匍行(ほこう)とも。
結晶(crystal)と
非晶質(amorphous) 
無機物質のうち,規則正しい原子(ないしイオン)配列から成り立っているものを結晶(質)と言う。鉱物と異なるのは天然産・人工産を問わない点である。逆に規則正しい原子配列を持たない物質(結晶質でない物質)を非晶質(アモルファス)と言う。岩石組織においてはガラス質なる用語を用いる。
鉱物(mineral)と
火山ガラス(volcanic glass) 
一般には「鉱物とは,@天然に産する物質であること,A無機質で均質な物質であること,B規則的な原子(ないしイオン)配列を持った結晶であり、Cほぼ一定の化学組成をもつ物質であること」と定義しておくのが妥当であろう。もちろん火山ガラスのような非晶質物質はすべて鉱物ではない(そもそもガラスとは違ってきれいな結晶形を示す物質に対して鉱物(mineral)なる概念が生じたのだろうから)はずだった。ところが鉱物学界で最も幅広く受け入れられている鉱物の定義は,1.天然に産すること,2.無機物質であること,3.ほぼ一定の化学組成を持つこと,の3条件を満たせば良いとされ,上記Bの条件が外されてしまった(ちなみに水銀は液体であるが,Aから固体と言う条件が無くなったおかげで鉱物としての定義(それまでは例外的に鉱物扱いされていた)を満たすようになった)。
学界での鉱物の定義が次第に緩和されて(と言うかゆるゆるになって)来たのは,国際鉱物学連合の新鉱物・鉱物名委員会が新鉱物を幅広く認定するようになったためである。昔は,鉱物の定義には上記Bの「規則正しい原子(ないしイオン)配列を持つ結晶であること」と言う条件があったが,同委員会が非晶質の物質も鉱物として認めるようになったため,条件から外されてしまったのである。
 そうなると,「マグマが急冷したときに出来る火山岩の石基を構成する非晶質の火山ガラスも鉱物ではないのか」と言う疑問が湧き起こる。実際,火山ガラスが鉱物扱いされるなら,自然界の無機物質のほとんどは鉱物と言うことになってしまう。しかし,火山ガラス一般を考えると,玄武岩質から流紋岩質までさまざまな化学組成のガラスが自然界には存在しており,したがって「一定の化学組成を持つこと」と言う条件からみて明らかに鉱物ではない。しかしながら,あるマグマ起源の火山から噴出した火山ガラスだけに着目して考えると,それはどこから採取して分析してもほぼ一定の化学組成を有することになり(同一マグマ起源だから),上記1-3の条件を満たすことになる。実際,このような火山ガラスに相当するような物質が新鉱物・鉱物名委員会で新鉱物として承認された例があったと言う。つまり鉱物学界の認識は,「ガラスとは非晶質であることのみが条件の物質」であり,「非晶質鉱物は非晶質ではあるが化学組成がほぼ一定であることが条件」と言うのが現状である。ちなみに現在までのところ鉱物は約4200種が知られているとのことである。
キンクバンド(kink band)
岩石構造の1種。岩石のへき開面に生じるシャープな屈曲によって示される帯状の部分のこと。
固溶体
(solid solution)
複数の物質が均一に溶け合った固相のこと。鉱物のあるものや金属の合金に普通に見られる。例えば北投石は,重晶石(BaSiO4)と硫酸鉛鉱(PbSiO4)の固溶体であるが,原子(ないしイオン)配列において,一定の規則でバリウム原子(Ba)と鉛原子(Pb)が互いに置換し合うことができる。その場合の化学組成式を(Ba,Pb)SiO4として表現する。

ページトップ

地質百景