用 語 解 説 3

さ行

 あ行← か行← →た行 →な行 →は行 →ま行 →やらわ行

<山体の大規模崩壊>
山体崩壊
(sector collapse)

巨大崩壊(huge 
collapse)
成層火山や溶岩円頂丘の一部が崩壊する現象。現象が起こる原因にはさまざまあり,小規模なものは地震によって誘発され,中大規模なものは水蒸気爆発やマグマ水蒸気爆発(これは成層火山の場合),粘性の高いマグマの貫入(これは溶岩円頂丘の場合)によって誘発される。崩壊に伴って岩屑なだれが発生し,麓には流山地形が残される。1889年の磐梯火山や1980年のアメリカのセントヘレンズ火山の例が有名。
崩壊の規模が特に大きい場合は特に巨大崩壊(huge collapse)と呼ぶ。どの規模からを巨大崩壊と呼ぶかは意見が分かれるが,1億立方m以上の場合を指すことが多い。磐梯火山やセントヘレンズ火山の場合は10億立方m以上に達しているので巨大崩壊に当たる。鳥海山麓の「象潟岩屑なだれ」は35億立方m,「島原大変肥後迷惑」で知られる「眉山(まゆやま)崩壊」(1792年(寛政4年))は雲仙火山の溶岩円頂丘の山体崩壊で5億立方mであったので,いずれも巨大崩壊と言えよう。
岩屑なだれ
(debris 
avalanche:
デブリスアバラ
ンシュ)
堆積学的には粉体流の一種で岩屑の移動に水を必要としない流れを指す。火山学的には火山体の一部が表層なだれのように山腹から山麓に向かって高速で流下する現象を指す。岩屑なだれを誘発する要因については山体崩壊を参照のこと。なお「岩屑流」は実際は「なだれ」としての現象にイメージが合わず,また「流」が水の働きを連想させるので用いない方が良い。
流れ山
(hummocky hill)
岩屑なだれ堆積物の表面にみられる山状の突起物。大きさは,高さ数mから100mを越すものまでさまざま。岩屑なだれは麓に達すると流れが止んで堆積するが,それまで分解されずに残った山体の一部,巨大岩塊,岩塊群が堆積物の表面に突出すると流れ山地形を作る。
< 地  震 >
地震(earthquake)と地震動(earthquake vibration)
地震の科学的説明は「地殻内部に蓄積されたひずみが,岩石破壊と言う形で一挙に解放されて弾性波を発生する現象」となるが,生活で言う地震は「地面の振動(揺れ)現象」を指す。科学的な表現で「地震」を用いる場合には,「地面の振動」は「地震動」と呼んで区別する必要がある。地殻内部のひずみの大部分は地殻応力によって蓄積され,断層運動によって解放されるが,火山性地震のようにマグマの流動によって蓄積されるものもある。
地震波
(seismic wave)
震源から発生する地震を引き起こす波のことで,P波(縦波)とS波(横波)があり,両者を合わせて実体波と呼ぶ。これ以外にも地球の表面上を伝播する表面波という見かけ上の波も発生する。  
震源と
(hypocenter)
震源域(hypocentral region)
地震波が発生した地球内部の1点を震源と呼ぶが,実際にはある広がりを持つ領域から発生することが多いので,これを震源域と呼んでいる。
震央と
(epicenter)
震源地
(a place name of epicenter)
震央は震源の真上の地表の場所,震源地はその場所の地名を指す。
マグニチュード(magnitude)
震度
(seismic intensity)
地震の大きさ(規模)の尺度を示す数値をマグニチュード(M)と言う。いろんな計算式があるが,日本では気象庁の計算式によるマグニチュードが一般に用いられ,M7以上を大地震,7>M≧5を中地震,5>M≧3を小地震と呼んでいる。震度はある地震におけるある地点の地震動の強さを指す。
震度階
(seismic intensity scale)
震度を段階に分けて表したものを震度階(=震度階級)と呼び,一般には10階級に分けた気象庁震度階級が用いられている。
活断層
(active fault)
地震断層(earthquake fault)
震源断層(earthquake source fault)
活断層とは,最近の地質時代に繰り返し活動した断層で,今後も活動が予想される断層」のこと。定義のうち,後段の「今後も活動が予想される断層」の条件を満たすことが重要。例えば紀伊半島東部以東の中央構造線の場合は第四紀前半に活動したが,後半は活動を停止しており,近い将来に活動する可能性はないと考えられている。このような断層を「活」断層と呼ぶのは不適切なので,前段の定義との整合性をとるために,「最近の地質時代」を第四紀(約180万年前以降)ではなく,第四紀後期(約12万年前以降)とする考えがある。
地震断層は地震の際に地表に出現した断層,震源断層は地震の発生源となった地下の断層のこと。
断層の変位・変位量・累積変位量 変位は断層のずれを指す用語。縦ずれ変位,横ずれ変位などと言う。変位量は変位(ずれ)の量のこと。縦ずれ変位量が1m,横ずれ変位量が100mなどと言う。ただし断層の両側に変位の値を測れるような客観的な基準(例えば鍵層のずれ,断層を挟んでずれている同一河川)がある場合に絶対量が得られる。これを真の変位(net slip)と言う。累積変位量とは活断層の繰り返す運動によって生じたことが明らかな変位量を積算(累積)したもの。「100万年間繰り返された断層運動の結果,A断層の縦ずれ累積変位量は約100mに達した。」などと言う。
左横ずれ(left-lateral)と
右横ずれ(right-lateral):
横ずれ断層変位の表し方の一つ。断層を挟んで断層の向こう側が右にずれている場合をずれと,左にずれている場合を左ずれと呼ぶ。

活断層の活動(activity of active fault)
活断層の運動の活発さを客観的に示す指標。一般には,ある一定期間の活断層の累積変位量を千年で割った,千年当たりの垂直あるいは水平変位量(=千年当たりの平均変位速度)によって,A級(>1m/千年),B級(1m〜0.1m/千年),C級(0.1m/千年>)にランク分けする。
活断層の再来周期(recurrence time of active fault)
活断層が活動する時間間隔すなわち周期のこと。再来間隔,地震発生間隔とも。ある活断層についてみると,その再来周期(R)は,一回の地震による変位量(d)を1年の平均変位速度(S)で割った値,すなわちR=d/Sで求められる。淡路島の野島断層の場合。d=1.7m,S=1mm/年なので,R=1,700年となる。ただしこれはあくまで目安である。
浅発地震(shallow earthquake)と
深発地震(deep earthquake)
震源の深さが60(〜70)kmの地震を浅発地震と,300km以深を深発地震と言う。浅発と深発の間の深さの地震を「やや深発」と呼んでいる。陸と海のプレートの境界では、海のプレートが陸のプレートの下に沈み込んでいくことが多く、この沈み込んだ海のプレートの内部にも地震が発生する。地震学の用語。
プレート間地震(inter-plate earthquake)と
プレート内地震(intra-plate earthquake)
前者はプレート境界に発生する地震。プレート境界地震とも。後者はプレート内部で起こる地震。プレート内部地震とも。きちんとした科学用語。
内陸地震
(inland earthquake)
大陸性地殻(花崗岩質岩石からなる大陸および島弧・陸弧地殻)内の活断層によって生じる地震。プレート内地震の一種で,プレートどうしの押し合う力によって蓄積されたひずみが活断層によって解放されることによって発生する。明治24年(1891)のマグニチュード8の濃尾地震が最大の内陸地震と言われる。地震学の用語。
直下型地震
マスコミで使われている用語で,地震学で定義づけられた用語ではない。規模がマグニチュード6クラスの地震でも,都市直下型の場合,人間生活に甚大な被害を与えるので,特別な呼び方をするようになった。大陸性地殻内の震源の浅い内陸地震による地震。
海溝性地震(trench-type earthqueke)
プレート間の海溝付近で発生する地震で,プレート同士の押し合う力によって発生する。プレート間地震の一種で,マグニチュード8クラスの巨大地震も頻繁に発生する。海溝型地震とも。
< そ の ほ か >
最終間氷期
(Last Interglacial Age)
第四紀の最後の間氷期。約13万年前〜約7万年前。酸素同位体ステージ5に対比される。直前のステージ6から5.e(ないし5.5)にかけて急速に温暖化し,約12.5万年前には海水準は一気に120mほど上昇し,最高海面期には今よりも約6mほど高かったと言われる。その後,暖寒を小刻みに繰り返しながら,気候は漸次寒冷化し,約7万年前に最終氷期に移行した。
最終氷期
(Last Glacial 
Age)
第四紀後半に起こった氷期-間氷期サイクルのうち最も新しい氷期を指す。アルプスのウルム氷期,北米のウイスコンシン氷期などが相当する。期間はほぼ8-1万年前の間だが,その間にも気候変化は起こっており,相対的に暖かい亜間氷期を挟んでいる。7.5-5万年前,2-1.8万年前に寒さの極相期があったとの証拠が各地で見つかっている。俗に氷期とか氷河期と呼ぶのは最終氷期をさして言うことが多い。これに対して氷河時代は地質時代に大陸氷河が広がった時代を漠然と指すことが多い。
砕屑物
(clastics)とその
分類
岩石や地層から由来する岩石片や鉱物粒子を砕屑物と言う。小さいものから粘土,シルト,,礫と呼ぶ。粘土とシルトの境界は1/256mm,シルトと砂の境界は1/16mm,砂と礫の境界は2mmである。では,粒子のサイズはどこを指して言うのか? また径2mmは砂なのか礫なのかと言った(馬鹿な)質問が時々でるが,研究に当たっては,粒径区分に合わせて目盛を作成されたふるいを積み重ねて砕屑物を篩別しているので,誰一人そんなことを気にもしていないのである。
礫岩(conglomerate),砂岩(sandstone),
泥岩(mudstone)
礫が主要な砕屑物からなる岩石を礫岩,砂が主要な砕屑物からなる岩石を砂岩,粘土と泥が主要な砕屑物からなる岩石を泥岩と呼ぶ。「主要」と言う意味は,例えば砂岩には砂以外にも,礫や泥などの砕屑物が含まれていると言うことである。
酸性(acidic)と
塩基性(basic)
マグマあるいはそれが固結した火成岩の化学組成において,二酸化珪素(SiO2)の成分が多いものを酸性,少ないものを塩基性と呼ぶ。中間の組成のものを中性と言うことがある。
自破砕溶岩(autoclastic lava)
マグマの噴出によって地表を流れ,固結する溶岩はさまざまな作用によって破片となって行く。自破砕溶岩はその破片化メカニズムに基準を置く分類である。自破砕とは溶岩の一部が固結した後に,未固結部が流動することによって固結部が破砕されたもので,破砕された全部が同質の岩石からなり,また破砕作用がその岩石があるその位置で行われたことが他の火砕岩と違う点である。水中で自破砕したものをハイアロクラスタイ(hyaloclastite)と,陸上で自破砕したものをオートブレッシャー(autobreccia)と呼び,両者を合わせたものを自破砕溶岩と呼んでいる。
衝上断層
(thrust fault)
断層面の角度が緩傾斜(一般に45°以下)である逆断層のこと。逆断層面は一般には45°以上の傾斜を示すが,まれに数°〜10数°のことがある。このような普通では考えにくい衝上断層の形成を考えることが,その場のテクトニクスの解明に重要となる。
縄文海進
(Jomon Transgression)
日本列島の平野地下には,主に粘土や泥からなる沖積層下部と,主に砂や礫からなる沖積層上部が堆積している。一方で,最終氷期極相期(約2〜1.8万年前)以降の大陸氷床の縮小による海水準変動は,@極相期以降急速に上昇して6〜7千年前に最高海面期(高頂期)に達し,Aその後は小規模な海退と海進が繰り返されたことが分かっている。詳しい研究によって,沖積層下部は@の時期に,沖積層上部はAの時期に堆積したことが分かってきた。縄文海進の用い方は二通りあり,一般には沖積層下部が堆積した時期,つまり日本列島における最終氷期極相期から最高海面期までの海水準上昇に伴う陸側への海進(これを後氷期海進とも言う)を指すが,人によっては最高海面期における陸側への急速な海の拡大期のみに用いている。したがって,縄文海進を議論するときには,いらざる混乱を避けるために,どちらの概念を用いているかを明示した上で行う必要がある。
侵食基準面
(base level of erosion)
陸地にはいろいろな営力による侵食作用(川による作用,氷河による作用,地下水による作用など)が働くが,その作用が及ぶ最も低い高度を結んだ面を言う。具体的には川による侵食の場合は海面や湖面やダム面,氷河による侵食の場合は雪線,地下水による容食の場合には地下水面である。侵食基準面は不変ではなく,海面変動や湖面変動(琵琶湖がその例),ダムの建設や消失,地震による土地の隆起などによって常に変化している。
下総層群(Shimosa Group)
房総半島中北部に堆積した更新世中期から後期の地層。ほとんどが海成層。かつて成田層群とも呼ばれた。
下末吉海進(Shimosueyoshi transgression)
と下末吉層
と下末吉期
横浜市北部の下末吉台地に露出する下末吉層は,第四紀末の海進期の堆積物であることが昔から知られていたが,その後の研究により,この海進が最終間氷期の酸素同位体ステージ6から5e(ないし5.5)の時期に生じた地球規模の大海進に相当することが分かったので,この時期の海進を日本では下末吉海進と,その時期を下末吉期と呼んでいる。ただし地層の場合は,堆積時期を特定することは難しいので,ステージ5e前後の時期に堆積した(と思われる)地層を含んで下末吉期と指すこともある。房総半島の木下(きおろし)層などもこの時期の地層。
スカルン(skarn)と苦灰岩(dolostone)
炭酸塩岩(石灰岩(ライムストーン)や苦灰岩(ドロストーン)など)に花崗岩などのマグマが貫入した時、その接触部に生じる鉱物の集合体からなる変成岩。生じる鉱物は,カルシウム,鉄,マグネシウム,アルミニウムなどに富む珪酸塩鉱物,すなわち珪灰石などのスカルン鉱物である。苦灰岩(dolostone)はドロマイト(CaCO3,MgCO3)が90パーセント以上を占める化学堆積岩。ドロマイトは鉱物の名称であり,岩石である苦灰岩をドロマイトと表現するのは誤り。
石灰岩(limestone)

大理石(marble)
石灰岩は炭酸塩岩の大部分を占める堆積岩で,化学組成は炭酸カルシウムが主成分で,鉱物は方解石とあられ石からなる。大理石は石灰岩が熱変成を受けて形成された変成岩で,再結晶した方解石の緻密な粒状の集合体からなる。なお石灰石(limestone)は鉱業法に基づく鉱物資源としての石灰岩の呼び名であって,岩石や鉱物名ではない。
湿原
(moor,wetland)
湿地性の草原のこと。普通は草木やコケ植物によって覆われている。低層湿原→中層(中間)湿原→高層湿原へと遷移し,最後は草原となる。低層湿原は,地下水位が湿原の地面とほぼ一致しているため,地面まで冠水している湿原。湿原の多くは低層湿原で,釧路湿原がその代表。大型のヨシ,ガマ、スゲなどの草木が生息。中層(中間)湿原は,地下水によって植生が維持されている低層湿原と,雨水によって植生が維持されている高層湿原との中間の性質を持つ草原。ヌマガヤ,ヨシ,スゲが主体である。高層湿原は,泥炭が堆積して周囲より高くなった湿原。したがって雨水によって植生が維持されている。代表例は尾瀬ヶ原やサロベツ湿原。ミズゴケが主体で最終氷期の遺存種などの動植物が生息していることが多い。
褶曲(fold)と
関連する用語
積み重なった一連の地層に形成される波状の変形構造のこと。規模の大小,変形の形状については問わない。地層の層理面がある地点を境に上下に垂直変位しているものは,波状変形では無いので撓曲(flexure)と呼ぶ。褶曲軸(axis of a fold or fold axis):一枚の地層がつくる褶曲面の最大極率を結んだ線。褶曲軸面(axis surface of a fold):積み重なる地層がつくる褶曲軸をすべて含んだ面。横臥褶曲(recumbent fold):褶曲軸面がほとんど水平に近い褶曲のこと。重力による滑動によって形成されることが多い。
スランピング
水底下に堆積したがまだ固まっていない地層が地震などをきっかけにして斜面下方に一気に滑動することがある。この現象をスランピングと言う。その時に地層が飴のように捻じ曲げらて形成された変形構造がスランプ褶曲
スリッケンライ(slickenline)
断層が形成される時には,断層面(fault plane)(鏡のようにつるつるになった断層面を特に鏡肌(slickenside)と言う)にいろいろな構造(模様)が形成される。それらのうち,断層運動の方向に平行な線構造の総称をスリッケンラインと呼ぶ。鏡肌線構造(slickenside striation)とも。
堰止湖
(dammed lake)
河谷が,火山噴火,岩石なだれ,土石流による堆積物,また氷河堆積物などによって堰き止められて生まれた湖のこと。元の河谷の形を反映して複雑な溺れ谷状の形態を示し,深度も幅に比べて深いことが多い。
穿入蛇行 (incised  meander)
河川が山地や丘陵地に蛇行状の谷を穿って流れる状態を指す。平地を自由に蛇行していた河川が, 土地の隆起あるいは侵食基準面の低下(あるいはその両方)によって下刻侵食作用が回春することに よって形成される。いったん曲流が始まると,攻撃斜面側での側方侵食作用が強まって,更に曲流 の傾向が強まると考えられている。 
整合と
不整合
地層は下から上にどんどん堆積していくが,それまでと変わらずに上の地層が堆積しているような関係を「整合」と言い,それまでと何か変わった現象が地層や地層間から読み取れ,それが地質的に意味を持っているような関係を「不整合」と呼ぶ。これだけでは分かったような分からないような説明であるが,それだけ「不整合」を定義することは難しいのである。一般には「不整合とは,上下の地層間に見られる顕著な不連続関係」を指す。ここでの「顕著な不連続関係」には「地層が堆積後,隆起して削剥を受け,相対的に沈降して(かならずしも絶対的に沈降する必要はない),その上に新しい地層が堆積する」場合を指すが,人によっては「海底に堆積した地層と地層の間に,地質学的にみて長期間の堆積休止時期が認められる」場合なども不整合に含めたりするので,どんどん定義が混乱してしまうのである。
層理面
(bedding plane)
水中ないし陸上に堆積した単層と単層の二次元的な境界面。層理面は巨視的には堆積時には水平面だったとして扱われ,可視的には岩相の垂直的な変化として認定される。水流による堆積物の供給と停止,侵食の規則的な繰り返しによって,同じ性質の層理面が短期間にどんどん形成されていく。これが整合面である。この意味で地質学的な意味を有し,長大な時間間隙を示唆する不整合面とは基本的に異なる。地層面,層面とも呼ぶ。
造岩鉱物
(rock-forming 
mineral) 
岩石をつくる鉱物のこと。主要造岩鉱物と副成分鉱物に二分する。前者には石英(quartz),長石(feldspar),雲母(mica),角閃石(amphibole),輝石(pyroxene),かんらん石(olivine)が該当する。大部分はケイ酸塩鉱物,
組織地形(structurally controlled landforms)
風化や侵食に対する地層や岩石の抵抗性の違い,あるいは褶曲,断層,節理などの地質構造を反映して形成された侵食地形。
節理(joint)
岩石の破断面のうち,面を挟んで相対的な変位がないかほとんどないものを節理と言う。あらゆる岩石に生じるが,火成岩や溶結凝灰岩に発達するものが見事である。柱状節理(columnar joint)は岩石を多角形・短柱状に分割するような節理を,板状節理(platy joint)は岩石を多角形・板状に分割するような節理を,方丈節理は岩石を直方体に分割する節理を指す。放射状節理(radial joints)は断面をみると柱状節理が放射状に配列している節理群を指し,枕状溶岩や火道からあふれ出るマグマが冷却固化したときなどに形成される。
扇状地(fan,alluvial fan)と扇状地堆積物(fan deposits, alluvial fan deposits)
扇状地は,山麓の谷口から平地に向かって扇状に広がる堆積地形のうち,傾斜勾配の低いものを指す。傾斜勾配が大きく規模の小さなものは沖積錐と言う。いずれも河川によって形成される。扇状地堆積物は扇状地を構成する堆積物で,礫や砂が卓越する。また流水堆積物(water flow deposits)や土石流堆積物(debris flow deposits)など,さまざまな成因の堆積物を含んでいる。扇状地堆積物の堆積相を詳しく調べる(堆積相解析と言う)ことによって,堆積物をもたらした後背地の隆起と扇状地の堆積作用の関係を明らかに出来る。
合流扇状地(confluent fan)と合成扇状地(composite fan)
山地前面に横に連なって形成される一群の扇状地を合流扇状地と,上下に二つ以上の扇状地が重なっているものを合成扇状地と呼ぶ。前者は地形的な意味合いだけであり,後者は層序的な意味を含んでいる。しかし,合流扇状地の場合でも層序的に検討すると,その多くは合成扇状地である。

ページトップ

地質百景