用 語 解 説 5

な行

 あ行← か行← さ行← た行← →は行 →ま行 →やらわ行

内帯(inner zone)と
外帯(outer zone)
日本列島の地体構造区分の一種で,西南日本を東西方向に走る中央構造線(MTL)を境界として,その北側(大陸側)を(西南日本)内帯と,その外側(太平洋側)を(西南日本)外帯と呼ぶ。
ナップ(nappe)
低角の衝上断層横臥褶曲の形成によって元の位置からある程度の距離を移動し,別の場所の地層や岩体に重なったシート状の地質体のこと。デッケ(Decke)とも言う。ナップが侵食されて孤立した地質体となったものをクリッペ(Klippe)と呼ぶ。断層や褶曲によって擾乱された地質構造帯内部や大規模断層の近くで,下位や周辺の地層と時代や岩相が大きく異なる地質体がクリッペに該当する場合,また地質構造帯そのものがナップである場合などがある。したがって,構造帯や大規模断層付近では,ナップやクリッペの存在を常に考えて調査する必要がある。日本列島では中央構造線沿いの跡倉ナップ(群馬県)が有名。
年輪年代学(dendrochronology)
樹木の年輪を用いた年代測定法。まず多くの年輪標本を用いて標本ごとの年輪の厚さの経年変化パターンを抽出し,それらを重ね合わせることによって年輪の標準的な経年変動パターンを現在から過去へとできるだけさかのぼって作成する。この標準的な経年年輪変動パターンと遺跡や地層から得られた樹幹の年輪のパターンを照合して,その樹木が死んだ年を決定する。標準的な経年年輪変動パターンは樹種や地域(気候)によってことなるので,樹種や地域ごとに作成される。日本ではヒノキ,スギなどのそれが作成されている。

ページトップ

地質百景