用 語 解 説 6

は行

 あ行← か行← さ行← た行← な行← →ま行 →やらわ行

ハイアロクラスタイト(hyaloclastite)
自破砕溶岩のうち,水冷破砕されたガラス質の砕片からなる火砕岩。溶岩が海底や湖底で水と接触し,表面が急令破砕されたときに生じる。枕状溶岩に伴って産出したり,水底の溶岩ドームや岩脈表面に形成されることが多い。
プレート(plate)と
プレートテクトニクス
(plate tectonics) 
プレートテクトニクスとは「地球球面が10数枚のプレートに覆われ、それらが変形せずに相対的な回転運動を行い,プレート境界部で地球表面の変動が生じる」とする考えのこと。この運動は古生代以前から起こっていたと言われ,また現在の金星でも認められている。プレートは,大陸規模の大陸地殻を含む大陸プレート(ユーラシアプレート,インドプレート,オーストラリアプレート,北米プレートなど)と,ほとんど海洋地殻からなる海洋プレート(太平洋プレートフィリッピン海プレート)に分けられる。
プレート(plate)
リソスフェア
(lithosphere)
アセノスフェア
(asthenosphere)
岩石圏(lithosphere)
地球は構成物質(岩石,鉱物,元素と言った)の違いによって,中心から核(コア) ,マントル,地殻に区分される。マントルはさらに内側から、下部マントル→遷移層→上部マントルに分けられ,上部マントルはさらに地下数10km〜100kmにある低速度層によって上下に二分される。この低速度層より上の部分,つまりマントル最上部と地殻をあわせた固い部分をリソスフェアと,低速度層から下の上部マントルの軟らかい部分をアセノスフェアと呼ぶ。注意すべき点は,リソスフェアとアセノスフェアは構成物質の違いではなく,固いか軟らかいかと言った流動特性による区分である点である。固いリソスフェアが軟らかいアセノスフェア上を変形することなく,地球球面上で相対的な回転運動を行うとき,これをプレートと呼ぶ。このようにリソスフェアとプレートとはほぼ同義であるが,プレートは地球球面上を覆う剛体の板というイメージで使われており。リソスフェアはプレートを構成する地球表層を指す場合に用いる。岩石圏は,元々は地球の固体部分を指していたが,現在ではリソスフェアを指す。
付加体
(accretionary prism)
海洋プレートが海溝やトラフに沈み込むとき,プレート上の海底堆積物がはぎとられて陸側斜面に押し付けられる(付加される)。この堆積物を付加体と呼ぶ。付加体は海溝に一番近い陸側斜面先端部に次々と付加されていくが,個々の付加体の境界は海溝軸に平行な逆断層によって境されている。
プロピライト化作用(propylite)
プロピライトは,元々は熱水作用によって変質した変朽安山岩を指していた。しかし現在では岩石名としてはほとんど用いられず,「プロピライト変質作用」または「プロピライト化作用」として用いられ,「プロピライト化した岩石」「プロピライト化した変質岩」などと言う。中性の熱水によって地下中深部で最も広域的に起こる作用で,典型的には安山岩〜デイサイトの変質作用であるが,原岩の種類は問わない。プロピライト化した岩石の外観は,暗緑〜淡緑色,緻密で,緑色岩に似る。変質作用とは造岩鉱物が粘土鉱物となる作用で,プロピライト化作用の場合は斜長石のアルカリ長石化,輝石・角閃石の緑泥石化など。そのほか,方解石や黄鉄鉱などを含んでいる。
 広域変成岩(reginal 
metamorphic rock)と
接触変成岩(contact 
metamorphic rock)
広域変成岩は既存の岩石が広域的なテクトニクスによって生じる温度と圧力の条件下に,片状構造(剥離性)や鉱物の再結晶が進んで形成される変成岩。変成度が進むにつれて粘板岩,千枚岩,結晶片岩,片麻岩となる。接触変成岩は熱による接触変成作用によって形成される変成岩。その多くはマグマの貫入によって形成される。ホルンフェルスなど。
へき開
(cleavage)
変形作用によって岩石に二次的に生じた細密な面状構造。面状構造をへき開面(cleavage face)と言う。
ペグマタイト (Pegmatite)
鉱物の結晶が非常に粗粒な半深成岩。花崗岩と同じ鉱物組成のものを花崗岩ペグマタイトまたは巨晶花崗岩と呼ぶ。同様に閃緑岩と斑れい岩のペグマタイトを閃緑岩ペグマタイト,斑れい岩ペグマタイトと呼ぶ。地下のマグマだまりから分岐した脈状のマグマが,ゆっくりと冷却したため巨大な結晶が形成されたもの。一般には大小の岩脈として産出する。結晶の大きさは数cm〜数10cmにも達するので,稀産鉱物の宝庫である。
片理
(schistosity)
鉱物結晶が一定の方向に配列することによって生じる構造。片状構造とも。これによって生じる面構造を片理面と呼ぶ。結晶片岩を特徴付ける構造で,原岩の葉理面や層理面などの既存の面構造に沿って,雲母,緑泥石,角閃石などの鉱物結晶の成長や再結晶作用によって形成されると考えられている。
捕獲岩(Xenolith)
火成岩に含まれる岩石(片)。ゼノリスとも。その火成岩と同じマグマ起源のもの(同源捕獲岩)と,貫入したときに周囲の母岩(壁岩)から取り込んだもの(外来岩片または外来捕獲岩)との二種類がある。普通は後者の意味で呼んでいる。
ホルンフェルス
(hornfels)
接触変成岩の代表的な岩石で,完全に再結晶した塊状緻密な等粒状変成組織を持つ岩石。接触変成岩なので片岩のような剥離性は持たない。

ページトップ

地質百景