用 語 解 説 7

ま行

あ行← か行← さ行← た行← な行← は行← →やらわ行

枕状溶岩
枕を重ねたような産状を示す溶岩のこと。英語ではpillow lava。pillowは枕,lavaは溶岩の意味。高温で粘性の小さい玄武岩質マグマが,海や湖の水底に噴出した時や,火口から地表を流れ下って水中に突入した時など,水底で急速に冷却固結した場合に出来る。一つの岩塊はガラス質の緻密な皮殻を持ち,中心部には放射状の節理が発達している。
マグマと溶岩
マグマは地下にある岩石が溶けて液体(溶融体)となったもの。普通は珪酸塩の溶融体で温度は650-1300℃と推定されている。日本語の「溶岩」は,マグマとそれが固結した火山岩との両方の意味を持つ。
マグマだまり
(magma 
reservoir)
マグマが蓄えられている地下の仮想部分。火山の地下数kmにはマグマだまりが存在しているものと考えられており,そこから間歇的にマグマが地表に噴出するのが火山噴火とする。その実態は最近の地下観測技術によって解明されつつある。
御荷鉾緑色岩類(Mikabu Greenstones)
西南日本外帯の三波川帯と秩父帯北帯との境界に帯状に分布する低変成度の塩基性〜超塩基性の変成岩類。塊状で緑色を呈することが特徴。中生代末の塩基性海底火山活動の産物がその後,大陸地殻に付加したものと考えられている。
ミグマタイト
(migmatite)
花崗岩質マグマだまりの縁辺部でゆっくりとマグマが冷却固化すると,熱変成した壁岩からなる部分と冷却固化した花崗岩質からなる部分が不均質に混在する岩石が形成される。このような火成岩をミグマタイトと呼ぶ。
マサ(真砂)
(decomposed 
granite)と
風化殻
(weathering 
crust)
地表に露出する岩盤の風化した表層部を風化殻と呼ぶが,それが花崗岩からなる場合を特にマサと呼ぶ。花崗岩の場合,風化作用によって長石と黒雲母が粘土化し,石英はそのまま保存されるので,花崗岩組織の外見を残すが,つめ先で削れるほどの柔らかさになっていることが多い。西南日本の白亜紀花崗岩が広く露出する地域で厚く発達しており,所によっては10m以上に達することがある。マサが発達すると,山崩れや地すべりの誘引となることがあるので,注意が必要である。
ミロナイト
(マイロナイト)
(mylonite)
大規模な断層や構造帯の活動による物理的な破砕や圧砕によって形成される岩石で,圧砕岩とも言う。一般に大断層や構造帯に沿った狭長な地帯に露出しており,セン断された面構造が発達し,縞状構造となり剥がし易い。しかし圧砕が著しく進むと原岩より微粒の結晶集合体となり,縞状の模様は見られなくなる。日本では長野県伊那地方の鹿塩ミロナイトが有名。
断層ガウジ
見和層
(Miwa 
Formation)
下部は埋没谷を埋積した軟弱な泥層。内湾の貝を含み厚さは最大40m。中部は厚さ10〜30mの河成の礫層。上部は広範囲に主体となる地層で浅海層。砂〜礫まじり。厚さは10〜15m。基底は高さ15〜16mできわめてフラット。このフラット面は緩やかな海面上昇にともなって形成された波食面と解釈されている。中上部は常陸地域に堆積した最終間氷期の高海面期の地層で,房総半島の木下層に対比。約12〜13万年前の地層。
模式地
(type locality) 
ある研究者がある地域の地層を区分して新しい名称を付けるとき,その研究者はその地層の全体像を最も良く把握できる露頭,場所,ルート等をその地層の模式地として指定しなければならない。生物学では新種記載に当たっては模式標本を指定しなければならないが,その地層版と考えれば良い。模式地を設定する理由は新種記載と同じで,@別の研究者が模式地へ行けばその地層の全体像を理解できるように,またA必要があった時にその地層の特徴を再吟味できるようにするためである。研究者は,特に@の理由を念頭において,模式地を指定する必要がある。なおルートを指定する場合は模式ルートと言うことがある。
モース硬度
(Mohs hardness)
と条痕(streak)
物質の硬さを示す硬度にはいろいろな定義があり,それに応じて○○硬度と呼ばれる。鉱物の硬度は,互いに引掻きあって硬さを調べる掻傷(そうしょう)硬度(モース硬度)で表す。すなわち柔らかいものから順に,滑石(硬度1),岩塩(ないし石膏)(硬度2),方解石(硬度3),蛍石(硬度4),燐灰石(硬度5),正長石(硬度6),石英(水晶)(硬度7),トバーズ(黄玉)(硬度8),コランダム(鋼玉)(硬度9),ダイヤモンド(硬度10)。これをモース硬度計ないしモース硬度階と言う。二つの硬度の中間の場合は例えば51/2(硬度5の1/2)と言ったふうに示す。条痕は素焼きの陶磁器(硬度約6)上に鉱物を押し付けて線を描いたときに現れる色。

ページトップ

地質百景