用 語 解 説 8

や行 ら行 わ行

あ行← か行← さ行← た行← な行← は行← ま行←

溶結凝灰岩
火山から噴出した火山灰などが高温のまま厚く堆積すると、自重と熱によって水飴のように流動することがある。これを「溶結する」と言い、溶結した岩石がほとんど火山灰からなるものを溶結凝灰岩と言う。溶結凝灰岩の鑑定は肉眼ではなかなか難しく、普通は岩石薄片を作って偏光顕微鏡で観察し、火山ガラスが流動していることを確認して決定する。
葉層
(a lamina)
単層中において粒度や色調などの岩相の特徴によって,その上下と識別できる地層の最小単位。
リップル(ripple)と砂漣
リップルマーク(ripple 
mark)
漣痕
水または風の力によって砂が移動する際に地表に形成される波状の小さな堆積構造。地表(すなわち層理面上面)での波状の堆積構造の形態は一般に平行する多数の筋であり,その断面の形状は一般に非対称である。ただし,潮流のような振動流の場合には対称形の場合もある。非対称の場合は急傾斜する方向が下流側なので流れの向きを判断する目安となる(ただしアンチデューンの場合は逆となるので注意)。一般に,「リップルと砂漣」は現在形の堆積構造に対して,「リップルマークと漣根」は過去(地質時代)の砂岩上面に形成された堆積構造に対して用いられるが,厳密に区別して用いられているほどではない。
デューン(dune)
成因や形態はリップルとおなじであるが,リップルよりも規模の大きなものを指す。どの辺りのサイズで区分するかはまちまちであるが,一般には波長数10cm〜数100m,波高5cm〜数10mのサイズとされている。和訳は砂堆。風成のデューンは砂丘(sand dune)と言う。
ローム層
(loam)
ロームは本来は粒度組成区分に基づく土壌用語であり,粘土,シルト,砂がほどよく混じった土壌ないし堆積物を指していた。しかし日本のローム層の代表である関東ローム層が富士山などから供給された火山灰起源であることが判明したため,現在では風化して赤褐色〜黄褐色となった火山灰起源の土壌を一般にローム(層)と呼ぶようになっている。

ページトップ

地質百景