礼文島の地蔵岩
Jizo-iwa Rock of Rebunto Island in Rebun-Cho,
 northern Hokkaido
<北海道礼文町>

(写真@ 地蔵岩)
 
(写真A 地蔵岩を構成する火山角礫岩)

(写真B 右の崖を構成する砂岩泥岩層)
 地蔵岩は,礼文島の西海岸に屹立する尖塔状の岩体で,地層の差別侵食によって形成された岩体です(写真@)。礼文島は利尻島とともに日本の最北に位置する島ですが,利尻島が利尻岳(第四紀の火山)から噴出した火山岩からなるのに対し,礼文島には前期白亜紀と新第三紀中新世の堆積岩類が露出しており,地形地質とも両島はまったく様相が異なっています。礼文島の前期白亜紀の堆積岩は礼文層群と呼ばれており,地蔵岩は礼文層群最下部の地蔵岩層から構成されています。
 地蔵岩は,元地漁港を通る道路が行き止まりになったその先に見られます。近寄って地蔵岩とその周辺をよく観察してみると,次のようなことが分かります。1.地蔵岩とその右の崖を作る地層はいずれも直立しています(写真A&B)。2.地蔵岩は安山岩角礫が密集した火山角礫岩から(写真A&D),右の崖の地層は珪質泥岩と砂岩のリズミカルな互層(写真B)から構成されています。いずれも地蔵岩層の構成岩相として,これまで記載されている地層です。3.地蔵岩のすぐ左の海岸には,崖と同じ砂岩泥岩層が露出しています。よって,この地蔵岩の火山角礫岩は砂岩泥岩層に挟まれたもので,その層厚は10m弱です。4.地蔵岩では両者の接触関係は見られませんが,走向方向に振り返って地蔵岩の反対側の露頭を見ると,両者は整合で接していることが分かります (写真C)。
 火山角礫岩は硬く,その左右の砂岩泥岩層は相対的に軟らかく,このような硬軟互層の場合には差別侵食が起こります。差別侵食とは,硬い部分は侵食に対する抵抗が強いので残り,柔らかな部分は侵食に対する抵抗が弱いので速やかに削られ,その結果として地層の配列や地質構造を反映した組織地形が出来る現象を指します。蔵岩の場合は,地蔵岩を構成する火山角礫岩が硬い部分,左右の砂岩泥岩層が柔らかい部分に相当します。したがって差別侵食が進むと,硬い火山角礫岩は残り,両側の柔らかい互層部分が侵食されます。硬くて直立する火山角礫岩が,何千年もの侵食作用の結果,尖塔状の岩体,すなわち地蔵岩として残ったと言うわけです。

 (写真C 反対側の露頭。右が火山角礫
岩,
  左が砂岩泥岩層)

(写真D 安山岩火山角礫岩のクローズアップ)




Back
Index
Next
Home