礼 文 島 の 桃 岩

Momo-iwa (Peach rock) in Rebunto Island, Rebun Cho in northern Hokkaido
<北海道礼文町>

(写真1 桃岩全景) 
 桃岩は,礼文島の玄関,香深港から元地へ向かう峠を下ったところにあります(写真1)。この峠からは,高山植物が咲き乱れる桃岩展望台へ向かう遊歩道があり(写真2),展望台からは桃岩を見ることができます (写真3)。桃岩の写真はほとんどこの展望台から写したものですが,それは外形にしか過ぎません。内部構造を見るためには峠を下って元地港に向かいます。峠からしばらく下ると,やがて玉ねぎを半分に切ったような巨大な岩体が現れます。これが桃岩の内部構造です (写真1)。

(写真2 桃岩展望台に通じる遊歩道)

(写真3 展望台から見た桃岩の外形)
 桃岩は,幅200-300m,比高120-140mの規模を持つ岩体です。地質学的に詳しく調査研究されて
おり,それによると時代は新第三紀中新世で,岩石はデイサイトから,成因は周辺の地質状況や内
部構造から地下でマグマが固まった溶岩円頂丘(溶岩ドーム)が隆起侵食されて地表に現れたもの,
つまり潜在円頂丘と考えられています。
 崖に現れた内部構造を見ると,まず中心部に鱗片状の節理が発達し(写真4),そこから放射状柱
状節理が発達した岩体が玉ねぎの皮のように重なっています(写真5)。卵にたとえると中心部が黄
身,外皮部が白身に当たるというわけです。地下でマグマが冷えたときに出来る内部構造が分かる
貴重な露頭で,このような潜在円頂丘の内部構造を目に出来るのは極めて珍しいと言えます。国の
天然記念物に指定する価値は十分あると言えるでしょう。

(写真4 桃岩の中心部。鱗片状の節理が発達する)

(写真5 桃岩の外皮部。放射状節理が発達する)
 礼文島の観光コースの一つとして桃岩遊歩道を歩いて,次に元地港の地蔵岩を遠望するコースが良くとられますが,途中にあるこの桃岩内部構造はほとんど注目されていないようです。貴重な地質遺産であり,解説板や駐車場を整備するなりして,見学ポイントに加えて欲しいものです。



Back
Index
Next
Home